人によってうつ病の種類は違う、どういった種類があるのか知ろう

治療方法が異なる

うつ病には、いくつか種類があります。

現代病といわれるうつ病には、いくつか種類があります。簡単にわけると、内因性うつ病、心因性うつ病、身体因性うつ病、仮面うつ病、女性のうつ病などです。それぞれ症状も異なり、原因や治療法も多少変わってきます。 これら以外に、最近いわれているのは「非定型うつ病」という種類のものです。通常は、抑鬱状態が2週間以上続くのに対して、楽しいことなどがあると、一時的に気分が良くなるというものです。20〜30代の比較的若い年代に多いといわれています。 特徴は、責任ある仕事につきたがらない、気分の波が大きい、他人のせいにする、嫌なことをする時は症状が出るが好きなことをしている時は症状がない、過食や睡眠過多、体重の増加等があげられます。 対策としては、ストレスとの上手な付き合い方が大事になります。人はストレスを感じると自律神経が乱れます。そのため、呼吸法などを用いて交感神経を落ち着かせることが必要になります。

休養と、治すという強い意思が必要です。

うつ病の種類で、対処法は異なりますが、まずストレスを緩和するには、呼吸法などを用いて交感神経を落ち着かせるという手段があります。 腹式呼吸だけではなく、精神的に落ち着かせることも大事なのです。それには、ヨガや気功などが最適です。クリニックによっては、グループセミナーなどを開催しているところもあるため、利用してもよいでしょう。 そして、小さな目標を課していくことも大事です。朝起きよう、日光に当たろう、パジャマから着替えよう、外に出よう、まずは5分だけ歩いてみようというように、徐々に目標を課していきます。ちょっとしたことでも構わないので、目標を達成していくことが大事なのです。 うつ病の種類によって治療法はさまざまですが、何より休養が大事です。そして、徐々に前に向いていきましょう。 クリニックや病院に通い、医師とともに治療していくと心強いです。まずは、相談から始めてみましょう。

今後はどのようなことが予想されるか

うつ病の患者の数は近年増加しています。こうした傾向は今後も続くと予測されます。その一方で医師にうつ病の診療を受ける人も今以上に増加するものと予測されます。うつ病は病院で診療を受けることによって、自分の状態をより性格に把握できるようになります。 うつ病にはその症例によって様々な種類のものがあります。うつ病の種類を分ける方法自体も複数のものがあります。 その中でも特に有名なものとして、アメリカ精神医学界が発表した方法があります。これは精神障害の診断と統計マニュアルに記載されています。このマニュアルの中ではうつ病を二つの種類に分類しています。 そのうちの一つが重度の症状のものです。もう一つが気分障害というものです。これらのものはそれぞれさらに細かい分類があります。

注意をすべきことについて

うつ病を理解するうえでは注意をしなければいけないことがあります。それは種類によってその症状が異なることです。 アメリカ精神医学界が発表したマニュアルで分類される重度のうつ病とされるものでも、その症状によりさらに細かい分類がされています。 軽度のものの特徴としては、一定の基準に該当することがあげられます。重度のものとは社会的な行動や職業的な能力の妨げとなっているような場合をいいます。 また幻覚や妄想などもより重い精神の病気の特徴を持っているような場合も、アメリカ精神医学界が発表したマニュアルによれば重度のものとして分類されます。 こうした症状を正しく理解することで、患者はより適切な治療方法を知ることができます。