人によってうつ病の種類は違う、どういった種類があるのか知ろう

皆で話せば楽になる

治療方法が異なる

内因性うつ病、心因性うつ病、身体因性うつ病、仮面うつ病などうつ病には様々な種類があることを知らない方もいるでしょう。それぞれのうつ病に合わせて治療をしていくことを知っていると良いです。

read more

TOPICS

治療方法について

やる気がない方は内側から治療をしていきます。うつ病によっては拒食症などの悪化した症状が出てくる為、そういった時は病院へ行かなければなりません。また、無料カウンセリングなども受けてみると良いでしょう。

read more

種類によって違う

躁鬱病とメランコリー型があります。躁鬱病は病んだと思ったら、気分が上がるなどといった抑揚が激しいです。メランコリー型は自分を責めてしまうといった症状があります。うつ病によって症状も異なります。

read more

費用について

抗うつ剤でうつ病を治療するとなると、1ヶ月おおよす5000円費用が必要になります。抗うつ剤と言っても様々な種類があり種類によっては、金額が異なってくることを知っておきましょう。

read more

新しタイプ

近年は新型うつ病が注目をされています。新型うつ病は旅行などは楽しむことが出来ますが、仕事や学校を楽しむことが出来なくなってしまいます。うつ病の種類によっては薬を複数服用しなければならないことがあります。

read more

症状やタイプ

うつ病は種類があるのをご存知ですか?詳しく載ってます。|うつアカデミー

うつ病の種類や症状について詳しく知りたいという方はこちらのサイトをチェックしてみましょう。治療に役立つかもしれませんよ。

さまざまな症状や種類

一言でうつ病と言っても、患者さんの症状は千差万別です。 患者さんの症状を正確に把握してもらい適切な治療を受けるために、診療の際には医師に自分の症状を詳しく説明する必要があります。 しかし患者さんにとって見れば、症状や気持ちの浮き沈みは日によって違いますから、うまく説明できない場合も多いようです。 最近ではうつ病にもさまざまな種類があって、患者さんへの対応も症状によって変える必要があるということがわかってきました。 同じような症状を訴えていても、例えば1日のなかでも朝だけ起きる症状や、季節が移り替わっただけで軽減されるような症例も多々見受けられます。 5月病のように環境の変化に疲れを感じて発症し短期間で終息することもあれば、長期間の治療を余儀なくされる種類のものもあるのです。

新しいタイプのうつ病

一般的にうつ病の症状と言えば気力がなくなる、物事に対しての興味が薄れる、食欲の減退、不眠などの症状が知られています。 職場でも自宅でも休日に遊びに出かけることすら億劫になって沈んだ気分で過ごす事が多くなります。 ところが最近、新しい種類のうつ病を発症する患者さんがいる事が分かってきました。 患者さんは上記のような症状も訴えますが、休日に外出することを苦痛に感じることがなく、自分の趣味など打ち込める対象に関しては積極的に行動できるのです。 毎朝の出勤は難しいのに、その他の時間は活動的になるので周囲からは仮病のように扱われてしまいます。 患者さんにしてみれば、うつ病の原因から解放された時間のみの行動ですから辛い気持ちを抱えていることに変わりはありません。 社会環境の変化によって症状にも新しい種類が発生しているのかもしれません。

基本的なタイプは2つだった

種類は大きく分けると「大うつ病」と「双極性うつ病」と分類されていました。大うつ病は、症状的にやる気がでない、気分が落ち込むといった抑うつ症状のみが出現するものをいいます。双極性うつ病は、「躁」という一般的にハイテンションな状態と抑うつ症状が伴に出現するものをいい、双極性として躁状態と抑うつ状態が交互に発症する場合や基本的に抑うつ状態だが、軽い躁状態がみられる場合もあり、大うつ病と診断される中でも双極性が隠れていることも少なくありません。実は双極性うつ病は、昔から躁うつ病と言われており、うつ病のひとつの種類とされておりましたが、実は異なる病気であったことが判明しました。よって治療法も異なり、正しい診断が必要となります。

重症度からみたうつ病の種類

大うつ病の種類として重症度によって更に分類されます。日本うつ病治療学会のガイドラインでは、軽症、中等度〜重症(精神病性の特徴を伴わないもの)、精神病性の4つに分けております。診断に関してはアメリカ精神医学会が作成した「DSM―4」という診断基準を日本版に改定したものを使用しております。現在では「DSM-5」が作成され、日本語訳版も最近作成されました。重傷度は身体的症状とその期間、エピソードに該当する項目数で判断されます。精神病性は妄想や幻覚を伴う症状で、種類の中で自殺率や死亡率が高い分類となっております。他に抑うつ状態の前に痛みなどの身体的症状が先に起こる仮面性や、閉経による女性ホルモンのバランスが崩れることなどによる退行性という分類もあります。

Menu